デザイナーズハウスの魅力に迫るサイト

デザイナーズハウスに興味を持っている人必見のサイトです

Page: 憧れのデザイナーズハウスを手に入れたい

近年、デザイナーズハウスと呼ばれる住宅がはやっていますが、その特徴は、デザインが優れている点です。ただ、実際には明確な定義はなく、普通の建売住宅に少し工夫を凝らしているだけでそのように呼ぶこともあります。そうすると、注文住宅の多くはデザインに優れている住宅が多いため、デザイナーズハウスと呼ぶことになってしまいます。しかし、住宅は住みやすいところである必要があります。つまり、単にデザインが優れているだけでなく、実際にそこに住んだ時に住み易い住宅であることが必要になります。このような住宅は、基本的にデザイナーと呼ばれる設計士に依頼して建築してもらうものです。そのような設計師は設計事務所を持っており独特の住宅を造り続けているのが特徴です。

まずは設計士を探すことから始める

デザイナーズハウスを手に入れるためには、まず設計士を探すことから始めなければいけません。もちろん、個性的な住宅を建築することができる設計士である必要があります。そのような設計師は、雑誌などに出ていることもあります。有名な設計者ほど個性的なデザインの住宅を設計することができますが、設計料が高くなるため特別にこだわりがなければ、有名な設計士でなくてもよいでしょう。設計士の探し方は、自分たちが欲しがっている住宅はどのような住宅かある程度明確にしておくことが必要です。各設計士が建築した住宅を実際に見てみることです。その中で、気に入った住宅があればその住宅を建築した設計師に話しを伺ってみるのがよいでしょう。おおよそ似たような傾向の住宅になる可能性が高いです。

お金を用意するときに必要な考え方

住宅を建築する以上は、お金が必要です。特にデザイナーズハウスの場合は設計料にお金がかかるため普通の注文住宅よりも多めに用意しなければいけません。実際に住宅を建築した人の多くは住宅ローンを組んでいます。住宅ローンを組む時には、土地を持っている場合は建物のローンを組む必要がありますが、土地を持っていない場合は土地と建物両方住宅ローンを組まなければなりません。通常、土地と建物はつなぎ融資と言って同じ金融機関からお金を借りることになります。ばらばらにお金を借りることは難しくなりますので注意が必要です。デザイン料は、おおよそ200万円から500万円ぐらいになることが多くなります。基本的にデザイン料を分けてほしいというのはデザイナーのやる気をそいでしまうため言わない方がよいでしょう。十分なお金をためてからデザインを依頼しましょう。

Comments are closed.